セブン銀行のカードローンは利用経験者に選ばれている

メニュー

サブメニュー

カードローンの使い道

セブン銀行のカードローン利用者の6割はカードローン利用経験者です。カードローンについての知識を持っている人から選ばれている傾向があり、これからカードローンを選ぼうとしている人にとっては、参考になるかもしれません。

 

カードローン利用目的も人それぞれですが、セブン銀行カードローン利用者の34.3%が生活費の補填目的でカードローンを利用しています。続いて入院などの急な出費に対しての利用者が24.5%、趣味などの急な出費に対しての利用者が19.2%と続きます。交際費として利用する人は12.6%、その他が13.9%です。

 

急な出費や生活費が足りなくなってカードローンを利用する人が、併せて58.8%と6割近くを占めています。趣味や交際費として利用したいという人も3割程度います。

 

これらのデータはセブン銀行が直接行ったアンケートに基づいていますが、カードローン利用経験者と未経験者での借入れ目的の違いについても集計を取っています。

 

病気入院などの急な出費でカードローン利用を考えている人の割合が、カードローン未経験者だと35%いるのに対して、カードローン経験者では16.0%しかいません。一方生活費の補填としてカードローン利用を考えている人の割合は、カードローン未経験者では16.0%にとどまるのに対して、カードローン経験者では48.0%にも上ります。

 

この点から、カードローン利用経験者は普段の生活費としてカードローンを積極的に利用する傾向があるのがわかります。

 

様々なカードローンで利用を考える

生活費として少額の借入れを利用したいのであれば、限度額が少なく抑えられていて借りすぎを防げるセブン銀行カードローンも良い選択肢となりますが、もう少し大きな金額を借りたいとなると別のカードローンを選ぶ必要も出てくるでしょう。

 

例えば数百万円を借りたいとなると大きな限度額でのカードローンを利用しなければならず、セブン銀行カードローンは手軽でも適していないといった場合もあります。大きな金額で借りるなら限度額が最高で800万円となるオリックス銀行カードローンで借りるのが適しており、審査も契約も来店不要で進められるためにそこまで手間はかかりません。

 

金利は上限だけ見ると大して低くはないように思えるかもしれませんが、オリックス銀行カードローンは限度額によって金利が細かく分けられているので、大きな限度額で契約が行えれば金利も低下していくのです。