セブン銀行のカードローンは利用経験者に選ばれている

メニュー

サブメニュー

カードローン利用経験者に選ばれているカードローン

セブンイレブンが銀行業務を取り扱いしているのを知っているという人も多くなってきています。セブン銀行ならセブンイレブンのATMから預け入れや引き出しができるので、ATM数が多く、使い勝手が非常に良いです。

 

セブン銀行の認知度は高いですが、セブン銀行でカードローンが利用出来るのを知らない人は多いのではないでしょうか。セブン銀行のカードローンの特徴の1つとして、契約者の6割がカードローン利用経験有りという点があります。

 

つまり、カードローンについての知識がある人に選ばれているのがセブン銀行のカードローンです。セブン銀行のカードローンが選ばれて理由は利便性と安全性にあります。

 

セブンイレブンで借入れや返済ができる

セブン銀行のカードローンなので、セブン銀行のカードがあればセブンイレブンで借入れや返済ができます。

 

コンビニで借りるカードローン

 

セブンイレブンのATMはアコムなど他社のカードローンの借入れや返済にも対応していますが、ATM利用手数料がかかってしまいます。セブン銀行のカードローンの取引は24時間、ATM利用手数料無料で借入れも返済もできます。もちろん土日祝日も同じです。

 

アコムと同じく大手の消費者金融となる即日融資のプロミスでもセブンイレブンのATMで借入れや返済が行えますが、利用の際には手数料がかかるのが大きな違いです。セブン銀行カードローンなら余計な手数料負担なく利用ができるようになっているので、カードが使えるといった面は同じだとしても大きな違いがあります。

 

いつでも最寄りのセブンイレブンでお金を借りられるので、利便性は他社のカードローンと比べてもトップクラスです。他社の支払い関連でお金が足りない時には、自動的に借入れをして補填してくれるという利便性もあります。

 

10万円の限度額で安心

カードローンを利用した経験がある人なら、カードローンは便利なだけでなく、借入しすぎるリスクがあるというのをよく理解しています。銀行のカードローンの場合、多額の融資にも対応している所が多く、つい借り過ぎてしまい、生活費のやり繰りを圧迫してしまう人もいます。

 

セブン銀行のカードローンは限度額10万円、30万円、50万円、70万円、100万円の5コースしかありません。10万円の少額融資から始められるので、安心して始められます。

 

また、30万円、50万円のコースは契約2カ月以上経過しなければ申込みができません。70万円、100万円のコースは6カ月以上経過しなければ申込みができません。多額の融資がしにくい内容になっているので、借り過ぎのリスクを抑えられます。

 

返済方式が良心的

セブン銀行でお金を借りた場合の返済額は、非常にシンプルです。10万円のコースなら毎月5,000円、30万円、50万円のコースなら毎月10,000円、70万円、100万円のコースなら毎月15,000円を毎月返済します。金利は50万円以下のコースなら15.0%、70万円以上のコースなら14.0%の金利で借りられます。

 

10万円のコースなら5万円借りたとしても、毎月5,000円が口座から自動的に引き落としされます。金利が低いので11カ月で完済でき、完済までにかかる利息も3,746円のみとなります。

 

毎月の返済額がもっと少ないカードローンもありますが、毎月の約定返済額はある程度大きい方が、結局払う利息も少なくなり、借入残高が増えにくくなります。これもカードローン利用経験者が感じている部分だと思います。

 

低金利でわかりやすく、完済しやすい料金設定になっているので、この点も安心できる理由の1つとなります。

 

必要な金額だけを借りられる

セブン銀行のカードローンの借入れは1,000円単位で行えます。その時に必要なだけを借入れできるという点も、安心して利用出来る理由の1つとなります。

 

1万円単位での借入れであれば、不要な借入れも発生してしまいます。無駄に借入れをしてしまえばそれだけ無駄な利息も発生してしまいます。また、繰り上げて借入れしたお金というのは、つまらない用事で無駄に使ってしまいがちです。

 

無駄な借入れをせず、多額の借入もストップし、返済も効率よく行えるので、カードローン利用者に好まれています。

 

ただし大きな金額を借りるには適さないのは事実であるため、まとまった金額を借りたい場合には他の銀行カードローンを考える必要もあります。大きな限度額で低い金利で借りられる三井住友銀行カードローン限度額に注目をするなど、まとまった金額も審査の結果次第で借りられる銀行を見ておかなければなりません。

 

セブン銀行カードローンも利用実績次第である程度の金額までは借りられるとは言え、大きな金額での借入れには向いていない点がデメリットとなるのです。